セミナー写真1

 

11月5日 土曜日 大阪でUniva主催の18卒機電系 化学業界研究セミナーが開催されました。今回は化学系のイメージが強い企業を集めたセミナーです。

参加企業

日本ガイシ株式会社 : セラミック技術開発
クラシエホールディングス株式会社 : 日用品、医薬品(漢方薬)食品の製造販売
旭化成株式会社 : 総合化学メーカー
三菱ガス化学株式会社 : 天然ガス系科学品事業など
花王株式会社 : 化学系の商品製造販売

セミナー前

受付開始前からみなさん続々と到着し、参加学生同士の情報交換タイムが始まりました。早めにきて、他大学の動きなどは気になるところです。セミナー参加したみなさんの意識の高さが伝わってきます。
研究していると、周りの就活状況に気づかないことが多いので、この機会は貴重な時間です。

セミナー開始から中盤

それぞれの製品開発における機電系出身者の業務の内容などを各企業の特徴を活かした説明が始まります。
機械・電気系出身者の働き方、職種について各企業のエンジニアのみなさんが丁寧に説明してくれました。

セミナー写真1

セミナー中盤から後半

学生が様々な質問をしています。エンジニアの方も学生時代の経験から、この時期に陥る悩みが分かるようで、みなさんが腹落ちする回答をしているように思いました。
福利厚生、ワーク&ライフバランスについて、何十年も働き続けていくための考え方などもお話をしてくれました。企業を見る目を養えたのでは?

セミナー写真1

セミナーを終えての後の感想

・自分では業界研究ができていると思っていたが、まだまだ足りないと感じた。また参加して各社の職種や部署について質問をしていきたい。

・業界を決めていたのですが、参加企業のエンジニアの方とお話をして視野を広げてみようと思った。

・化学系業界の企業が機械系、電気系の学生がなぜ必要なのか各企業が具体的に教えてくれた。必要性がひしひしと伝わってきた。

・参加企業の方と学生全員が話す機会を頂けたので質問がしやすかった。また、質問しやすい雰囲気でした。

・セミナー参加企業をよく知りませんでしたが、とても身近な企業だったということを知りました。

最後に

まだ、参加に悩んでいる方、企業エンジニアと直接質問することで、将来への幅が広がります。
この先にある不安を早めに解決するためには絶好の機会です。時間があればぜひともご参加ください。考え方が変わりますよ。