こんにちは!ユニバ運営事務局の辻です。
コロナの影響が深刻化している中、まだ就活継続中の21卒学生(現M2、B4)の方々は、
不安な思いで就活を進めていることかと思います。

その証拠に、ユニバへの機電情系就活相談は昨年と比較して3倍以上来ており、特にコロナ影響に伴う相談内容が増えています。
それに伴い、今ユニバが企業人事から聞いている中で明らかになっている状況についてお伝えすることで、少しでも不安解消につなげていただくための背景情報をご共有できたらと思います!
まず、2020年2月頃から猛威を振るっているコロナウイルスですが、就活における影響はシンプルです。【計画の遅れ】と【不明瞭な見通し】です。


-------------------------------------------------------------------------------
① コロナ影響で何が変わってしまったのか
-------------------------------------------------------------------------------

■企業側の採用計画の遅れ
もともと企業は、年間の採用計画を丁寧に組んでおり、それに従いインターンシップを開催したり、就活セミナーに参加したりしていました。
しかし、コロナによってその計画は狂わされました。

>3月
最初は3月の学内合同就職説明会がほとんどの大学で開催されなくなってしまったところから歪は広がり始めました。
そこで本来出会いたかった皆さんとの出会いの場を奪われてしまい、対面が無理だからと急遽WEBセミナーを導入し、バタバタと活動がされていました。
しかし、特に時間コストを考えた際、ライバル企業に優秀人材を取られるよりも、早くに自社囲い込みをしたほうが安全であるため、インターン参加者や過去の接触学生を通じた【早期選考】の比重を上げていくことになりました。
結果として、3月中までにまた多くの内々定報告がユニバには来ていましたが、その方たちのほとんどは早期選考枠での内々定獲得でした。

>4月
政府より緊急事態宣言が発令され、ただでさえ遅れていた計画の上に、それをリモートワーク(在宅勤務)で対応しなければいけない事態になりました。
企業人事も慣れていないリモートワーク、WEB会議で仕事効率を以前同様に保ち続けるのは中々大変です。
それだけでなく、4月入社の新人に対してのフォローなど、採用以外の仕事を持っているケースもあり、そのような中で採用連絡すらまともにできないケースが発生していました。


-------------------------------------------------------------------------------
② コロナ影響によってこれから変わること、
  コロナ影響で考えておかなければいけないこと

-------------------------------------------------------------------------------

■不透明な見通し
ドライな話になってしまいますが、企業人事も一会社員であり、採用目標に向けて仕事を進めています。
目標達成を目指すことはビジネスマンとして必須なので、その場その場で達成のためにできる限り確実な方法を取ろうとする前提があります。

>中々企業からの案内が来ない・・・
この場合大きく2つのパターンが考えられます。
 1. 補欠者になっており、優先者が内々定辞退をしない限り、自分に順番が回ってこない
 2. コロナ影響で人事工数が不足し、対応が間に合っていない。

どちらの場合にしろ、次の連絡がいつになるかは誰もわかりません。1の場合だと最悪不採用の連絡だけ来て終了になる可能性もあります。
つまり、「まだ選考中の企業が残っているから・・・」と次の行動をとらないことはかなり危険行為なのです。

>今後追加採用をしない可能性
例年なら、5月以降などに企業が2次選考をスタートするケースが見受けられました。
多くは、「大手企業狙いが不採用になってしまい、次の候補を探し始めるタイミング」として、企業が受け皿を作っていたのが背景です。

しかし、今年はコロナ影響で様々な不測が発生し、さらに業績が下がることが明らかな企業からすると、次の選択肢が生まれてきます。
コロナ影響もあるし、無理な採用活動を今年は止め、来年の22卒で頑張ろう・・・。
実際にこういった声はすでに企業から出てきています。
だとすれば、今の時期は1日1日で選択肢が狭まっている感覚を持つべきで、新しい選択肢を増やさなければあとで取り返しがつかなくなる可能性があります。


-------------------------------------------------------------------------------
③ これから21卒機電情系就活生がやるべきこと
-------------------------------------------------------------------------------

上記でも述べた通り、今の選考状況に関わらず、できる限り企業視野を広げエントリーしておいてください。
企業人事は逆にこう考えたりもします。

「本来ならもっとエントリー者を増やしたかったけど、今年は現状エントリーしてくれている子の中から選んでしまおう・・・。」

つまり、企業は自社周知活動の制限がある中、例年よりエントリー者を増やさないままに内定者出しを進めていくケースもあるのです。
今の状況をうまく利用するならポジティブにとらえることもできるので、どうせエントリーしてもすぐに選考が始まるか否かもわからない。
なら、少しでも弾数を増やしておく活動をおススメします。

そのために、今21卒学生に対してユニバでできることも、コラムとしてまとめています。是非そちらも参考に、ユニバでできることがあればお声がけくださいね。
【21卒向け】機電情系学生からのよくある相談事例&ユニバができる解決策


-------------------------------------------------------------------------------
④ ユニバからのメッセージ
-------------------------------------------------------------------------------

【就活は情報戦】 私が仲良くしている学生によく伝える内容です。今こそ情報を武器に以降の就活戦略の見直しを行ってみてください。
「でもよくわからない・・・」それが普通です。その不安を解決するためにユニバはカウンセリングを大事にしています。
今こそユニバの本領発揮どころなので、頼っていただけたら嬉しく思います!一緒に頑張りましょう!!!