こんにちは!ユニバ運営事務局の辻です!
現在コロナウイルスの影響により、もともと想定していた就職活動ができていないケースが多発しており、21卒(現M2、B4)ユニバ会員の皆様から毎日多くの就活相談連絡が来ております。

幸いにもユニバカウンセラーの仕事はオフィスにいなくても対応できるため、皆様へのサポートが止まることは無いのでご安心くださいね♪

今回は、そんな21卒機電情系就活生から来る相談内容に合わせて、現在のユニバでできることをわかりやすくまとめてみようと思います。
以下の相談はこの数か月間特に多い相談をピックアップしていますので、自分と同様の悩みを持っている方が多いことも感じ取っていただけたらと思います。

 

-------------------------------------------------------------------------------
相談ケース①:書類選考が通りません・・・
-------------------------------------------------------------------------------

このような場合、原因は大きく以下のケースがあります。
・自己分析ができていない
 (自身の魅力が伝えられていない、他社との差別化文章を作れていない、等々)
・業界研究、企業研究ができていない
 (他社でも通じる内容しか表現されていない、その企業でやりたいことが不明瞭、等々)
・企業の求める人材とマッチしていない
 (これも企業研究の一環ですが、あまりに外れている場合は論外です)
・そもそも文章校正能力が低い
 (理系学生はこのケースが非常に多いです・・・)

■ユニバ解決策:ES分析
落ちたESの分析を一緒に行っています。
何がダメだったのか調べてみると、このような相談をしてくる学生の場合、そもそも機電情系ESの基本が抑えられていないケースが圧倒的に多いです。
その要因としては、文系カウンセラーにだけチェックしてもらっていたり、先輩や友人にアドバイスをもらっているケースが多いですね・・・。

そんなES分析の中で、
 【自己分析の甘さ】
 【業界研究・企業研究の甘さ】
 【企業ごとに必要なES表現のエッセンス】など、
合わせて分析・対策しております。
「自分も不安・・・」と思った方はこちらからご連絡くださいね(https://univa-jp.com/student/es)。

-------------------------------------------------------------------------------
相談ケース②:面接が不安です・・・
-------------------------------------------------------------------------------

急遽WEB面接が増え、慣れていない中対応している方がほとんどかと思います。練習の仕方もわからないし、対面も不安あるし・・・。
機電情系就活は学生の売り手市場が続いていたため、多系統の学生と比較して選考を受ける企業数が少ない傾向があります。
そもそも多くの方は面接慣れしない中で就活を終了させてしまうケースが多いのです。

“だからこそ“、しっかり準備・対策ができている人と、できていない人の差が明らかになりやすいかと思います。

■ユニバ解決策:企業別面接対策
面接対策では、各企業が面接で求めるポイントを分析し、そのうえで対策を行う必要があります。
ユニバでは、電話・WEBでの面接対策を企業別に対応しております。
緊張しているか否かは関係なく、大切なのは「会社が新人である自分に、将来性を感じるか=投資価値を感じるか」です。

だからこそ、“熱意”や“信念”が重要で、それを踏まえた考えを準備し、表現を工夫することまでセットで準備するための方法を共有しています。
希望の方は、次のURLから面接依頼希望出していただけたら、順次対応させていただきます(https://univa-jp.com/contact)!

-------------------------------------------------------------------------------
相談ケース③:就活苦戦していて・・・
-------------------------------------------------------------------------------

具体的には以下の質問はかなり多いです。
・次の選考案内が来ないのですが、落ちた可能性が高いでしょうか・・・?
・3月以降のセミナーが軒並み無くなり、企業選択肢を増やすことができていません。
・志望企業すべて落ちてしまい、どうすればよいのか・・・。

「先輩の就活を見ている限り、そんな苦労せずとも大手企業に入れるだろう」という考えが発生しやすい環境が機電情領域にはあります。
しかしそれほど甘くない事実を、選考を受け始めてやっと理解する方たちが多いように感じています。
(だからこそ、実は今相談が来る方の多くは、過去ユニバ講義を受けていない方が多いです。)

■ユニバ解決策①:ユニバキャリア相談
ユニバは皆さんが各社の機電情系採用人事と細かくコミュニケーションを取るようにしています。
そこで得られた情報や、学生の皆様からいただいた情報を踏まえ、最新情報を共有し続けています。特に仲の良い企業に関しては、依頼に合わせて人事にヒアリング電話を行ったりしています!

■ユニバ解決策②:ユニバ特別選考ルートの紹介
夏以降から皆様に提供し続けていましたが、仲良くしている企業様からはユニバ会員限定の【特別会社説明会】や【特別選考ルート】などいただいています。
枠の上限もあるので、随時増えたり減ったりしている状況ですが、そういった特別機会をプレゼントしてあげることができます。
ただし、これは誰にでも提供しているわけでは無く、一つユニバからの条件があります。

「本気で就活をやる気がある人」です。

自分で探すのが面倒だから・・・というのではなく、不安や焦りを通じて本気で就活に向き合おうとしている方を優先したいと思いますので、まずは就活状況を聞かせていただき、適した提案をさせていただきます!(https://univa-jp.com/contact

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上、取り急ぎ最近多い相談事例を踏まえ、ユニバからの解決策を少しチラ見せ差せていただきました。
実際には、相談したいと仲の良いカウンセラーに直接連絡を頂いたり、お問い合わせフォームから依頼を頂いたりで、些細な疑問から深い悩み相談まで様々にある状況です。

コロナ影響に伴い、例年以上に速いスピードで企業の採用が終了している傾向があります。
今本気を出せないと、妥協就活をしなければいけなくなってしまうので、何か行き詰っている方は、気軽に相談を頂けること、お待ちしています。

少なくとも、本記事を見ている方は「就活頑張ろう!」と思っている方であると思うので、ユニバも精一杯のサポートを頑張ります!