インクカートリッジを軸に半導体技術でキヤノンを支える

企業インタビュー 福島キヤノン株式会社

 

インクジェットプリンタや最先端の半導体技術を駆使したインクカートリッジの生産を主力に、様々な事業を展開しています。

 

企業インタビュー目次
1.福島キヤノン株式会社はこんな会社!
2.機電系出身先輩社員インタビュー

福島キヤノン株式会社はこんな会社!

事業内容説明写真

 

貴社の事業内容をお聞かせいただけますか?

キヤノンのプリンタに搭載されるインクタンクやプリントヘッドの生産、業務用フォトプリンタの生産をはじめ、様々なキヤノン製品のソフトウェア評価など、幅広い事業を担っています。
製品を世に出すメーカーとしてモノづくりの技術こそが最も大切であると考え、技術者一人一人がさらに技術力を磨きあげていくことで世界トップクラスのメーカーとしての信頼を維持しています。

貴社の特徴を教えて下さい

当社は、キヤノングループの中核生産拠点(マザー工場)として、国内および海外の関連会社の先駆けとなり先進のテクノロジーで性能と品質を追求しています。
そのため、国内および海外(タイやベトナム)の関連会社へ出張や出向を経験することができるので、活躍するフィールドは無限大に広がっています。

貴社の誇る技術を教えて下さい

半導体製造技術と独自の材料技術で高品質かつ信頼性の高い製品の生産、また、高精度を要求されるプリントヘッドやインクカートリッジの金型製作など、最先端の生産設備の内製も独自の技術で行っております。

貴社で活きる研究分野があれば教えて下さい

キヤノンのプリントヘッドやインクカートリッジの生産は、超精密加工技術の結晶でできています。そのため、機械・電気・電子系の深い知識は、高品質で信頼性の高い生産を支援する生産技術開発から製造装置の設計製作および改良に活かすことができます。
次代を担う生産技術者として、活躍できる場を提供します。

貴社だからこそある仕組みがあれば教えて下さい

「実力終身雇用」(「実力主義」+「終身雇用」をつなげた造語です。)
当社は、全従業員の半数以上が2003年の分社以降に入社した若手世代で占めています。
そのため、実力があれば若くてもどんどん活躍できる社風が根付いています。

貴社の代表的なサービス・製品を教えて下さい

キヤノン製インクジェットプリンタの心臓部である「プリントヘッド」
最先端の半導体技術を駆使した「インクカートリッジ」
キヤノンのインクジェットプリンタ製造の技術を結集して造る「DreamLabo 5000」(業務用フォトプリンタ)
様々なキヤノン製品のソフトウェア品質評価

機電系出身先輩社員インタビュー

 

  • 所 属 部 署  : RP製造技術課
  • 入社年度(西暦) : 2012年4月
  • 出身 学部 学科 : 工学部 機械工学科

学生時代の勉強が今の仕事にどのように役立っていますか?

入社以来、業務用フォトプリンターの生産に携わり量産技術業務を行っています。主に生産に対する工程設定やコスト改善などをしており、材料力学や機械力学、流体力学など学んだ知識を活かす場面は多々あります。正直、もっと勉強しておけばよかったと後悔していますが、会社の中でも学ぶことは多く日々成長出来ていると感じています。
また知識以外にも必要なことはたくさんあり、中でも“コミュニケーション能力”はいつでも必要となる重要なスキルです。仕事の幅が広がると社内だけではなくグループ会社や取引先などとも関わる事が多くなります。
仕事をこなしていく上では様々な立場の方と連携を取ることが必要不可欠なこととなっており、学生時代に培った仲間の輪を広げていくコミュニケーション能力は、様々な場面で役立っていると感じています。

この会社を選んだ動機についてお聞かせいただけますか?

私は“モノづくりがしたい”という広い考えで就職活動をしていました。
数多くの企業説明会を聞きましたが中でも福島キヤノン、社員の方がは自分の仕事に強く誇りを持ち、とても楽しく仕事をしている様子が伝わりとても魅力を感じました。その上で世界的にも有名なキヤノンブランドは大きな魅力でした。素直に“ここで働きたい”と思い、福島キヤノン株式会社を選びました。

ユニバ運営事務局

TEL:03-6222-7283 (平日10:00~18:00)
メールによるお問合せ:info@univa-y.jp