コントロールケーブルシステム世界最大手

企業インタビュー 株式会社ハイレックスコーポレーション

 

輸送用機械【バイク・自動車・トラック・バス・特殊車両等】コントロールケーブルシステムから医療用機器【ガン・心臓病・脳血管障害の治療器具】まで各種製品の開発・製造・販売

 

企業インタビュー目次
1.株式会社ハイレックスコーポレーションはこんな会社!
2.機電系出身先輩社員インタビュー

株式会社ハイレックスコーポレーションはこんな会社!

事業内容説明写真 株式会社ハイレックスコーポレーション

 

貴社の事業内容をお聞かせいただけますか?

創業以来コントロールケーブル技術の有用性に着目し、自動車業界の発展とともに成長してきました。
現在、国内すべての自動車メーカーと海外でも主要な自動車メーカーに製品を供給し、No.1の地位にあります。小型軽量で柔軟性、防振・防音、信頼性に優れた製品は定評があります。
その『遠隔操作システム』の技術をエレクトロニクスと融合、又、極細・極小の技術に進化させ、新たな商品を供給し、周辺機器や医療用機器に活かす開発をしています。

貴社の特徴を教えて下さい

当社の強みは、機電一体型の製品の開発が出来ることですが、我社だけでやっているのではありません。
納入先メーカーさんに密着することに協同することでより良い製品を生み出していきます。メーカーさんでの問題点を細かく解決することで、より安全で快適な自動車が生まれ皆さんの足となります。

貴社のお客様を教えて下さい

二輪、四輪、トラック・バス、特殊車両、建機、船舶、住宅設備等、国内に留まらず、海外のメーカーに納入させていただいております。海外12カ国25を超える拠 点から供給します。

貴社の中期経営目標を教えて下さい

当社グループは、
Ⅰ.世界の顧客に満足を届ける
Ⅱ.安心品質・高付加価値・低価格製品の実現
Ⅲ.グローバル人材の育成
を基本戦略とし、そのための方策として、
①市場開拓、②開発強化、③グローバル価格、④安心品質、⑤グローバル人材、の5つを柱に取り組んでまいります。

貴社だからこそある仕組みを教えて下さい

金型製作、素材加工から部品製造、製品完成まで一貫して手がける「自社グループ一貫生産体制」を持つ強みが国際競争力の源泉となっています。

貴社の代表的なサービス・製品を教えて下さい

当社の製品はオープナー関連のケーブル、シートケーブル、シフトレバー、窓の開閉装置、ドアの開閉装置等の輸送用機器製品。ガイドワイヤー、カテーテル、カニューレ等の医療用器具。
世界でもケーブルの相談はまず当社に声がかかります。

◇ 学生に伝えたいことがあれば教えて下さい

定期入社の方の定着率が非常に高い会社です。

◇ 機電系学生に親近感を持ってもらえるようなトピックがあれば教えて下さい

当社は、『世界で先駆けて』、『業界で先駆けて』を多くやってきました。
1951年世界で初めてアウターパイプに樹脂(ビニール)による被膜を行ないました。
1970年代には、日本の自動車部品業界では最も早く韓国・アメリカに拠点を構えました。
そのようなことが、結構ある会社です。それが今の礎となっております。

機電系出身先輩社員インタビュー

先輩社員

 

  • 所 属 部 署  : システム設計グループ ワインドレギュレータチーム
  • 入社年度(西暦) : 2010年
  • 出身 学部 学科 : 工学部 機械システム工学科

この会社を選んだ動機についてお聞かせいただけますか?

就職を考え始めた頃、自動車業界でのモノづくりに興味があり、3年生で大学から配布された卒業生就職先一覧の冊子でこの会社が目に止まりました。同じ大学の先輩方がご活躍されている事で親近感が湧き、且つ自分のやりたかった仕事内容とも合致していた為、入社を決めました。
大学時代に機械工学を専攻していた事もあり、数ある選択肢の中からシステムエンジニアの道を選択しました。その中でも我々人間の生活に欠かせないモノのシステム製品を開発したいと考え、幼いころから自動車に興味があったこともあり、現在の職種を選択しました。

仕事に対しての喜び、達成感をお聞かせいただけますか?

仕事内容は、自動車のサイドガラスを動かすシステム製品を設計・開発しております。システムを構成する小さな樹脂部品から大きな板金部品、又それらを動かすモータといった様々な部品を設計し、検証、作図、試作、評価といった各段階を踏んで量産に向けた部品・製品の性能品質を育成しています。
やりがいは、自分が一から設計/育成してきた製品が量産を迎え、市場で活躍している場面に遭遇した時、自分の仕事の重要性や責任を強く感じると同時に、積み重ねてきた努力と成果が社会で認められたという証になり、非常に大きな充実感と達成感が溢れてきます。

ユニバ運営事務局

TEL:03-6222-7283 (平日10:00~18:00)
メールによるお問合せ:info@univa-y.jp