我々が目指すのは、「個性派化学」。
当社だからこそできる個性的な製品の実現に、機電系エンジニアを含む多様な技術者が、連携して取り組んでいます。

企業インタビュー 昭和電工株式会社

 

グループスローガンは「具体化。」
昭和電工グループは「エネルギー·環境」、「情報·電子」という2つのフィールドにおいて、人々の願いや夢をひとつでも多く化学の力で実現していくという強い決意のもと、このスローガンを採用しました。

 

企業インタビュー目次
1.昭和電工株式会社はこんな会社!
2.機電系出身先輩社員インタビュー

昭和電工株式会社はこんな会社!

事業内容説明写真

 

貴社の事業内容をお聞かせいただけますか?

世界最高の記録密度を誇るハードディスクメディアをつくる設備を具現化し、制御する。
アジア最大規模を誇る巨大な石油化学コンビナートを、仮想計測技術を応用してオンライン制御し、年単位で連続稼働する。
廃棄物を化学原料として再生する化学プラントで、循環型社会の実現に貢献する。
次世代の自動車やデバイスの鍵となる素材・部材を開発し、それを製造する設備を完成する。
広い事業分野を持つ昭和電工における機電系技術者の活躍は、多岐に渡ります。

貴社の特徴と強みを教えて下さい

昭和電工は、創業時より無機・アルミから有機までを手がけるユニークな素材メーカーとして、幅広い技術を持つ当社だからこそできる、個性的な製品の開発に取り組んでいます。
たとえば、電解・アルミ基板・研磨・薄膜・潤滑油といった技術の融合により生まれたハードディスク事業は、世界で初めて垂直磁気記録方式を実用化し、いまや外販メーカーとして世界トップシェアとなるまでに成長しました。
化学メーカーの中で精密金属加工事業を持つこと、電気化学を創業とする化学メーカーとして、国内生産電力の約4割を自社で発電するための水力発電所や火力発電所を複数持つことも昭和電工の特徴の一つであり、個性的な製品を生み出す製造技術・設備化、それらを稼働する電力供給、設備装置の高度制御などのため、多くの機械系・電気系・制御系技術者を必要としています。

貴社の強みを教えて下さい

若手であっても「挑戦」を求める「新人研修テーマ制度」。
早い段階で一つの仕事を自分の力で成し遂げたという成功体験を持ってもらうために、入社後から一年間で達成すべき課題(テーマ)を、一人一人に設定します。その内容は最高技術責任者をはじめとする技術の中枢で内容を吟味し、実践的でかつ経営に寄与するものが選ばれます。指導者と共に一年取り組んだのち、自分自身の成果を本社で発表してもらいます。
初仕事で会社が自分に何を求めているのかが学べる、苦労はするが大きな達成感が得られる、自分の弱点が判る、と好評です。

機電系学生に親近感を持ってもらえるようなトピックがあれば教えて下さい

高度情報化社会を支えるハードディスク(HD)。
このHDの容畢が、過去20年間で1万倍になったことを知っていますか? これを可能にした「垂直磁気記録方式」は、当社が世界で初めて畢産に成功しました。
それには、我々が持てる材料だけでなく、機械・電気・計装・IT等、あらゆるメカトロニクス技術の投下が必要でした。

機電系出身先輩社員インタビュー

先輩社員

 

  • 所 属 部 署  : 昭和電工堺アルミ株式会社 生産・技術統括部
  • 入社年度(西暦) : 2013年4月
  • 出身 学部 学科 : 工学部 機械工学科

学生時代の勉強が今の仕事にどのように役立っていますか?

私の場合は「潤滑」が研究テーマであり、現在、私が手掛けているアルミの圧延工程に潤滑油は不可欠なので、ダイレクトに役立っている部分も多いですね。
専攻で学んだ材料力学や熱力学などは、機械を動かす動作原理を知る上で必要不可欠ですし、何をするにも基礎的な知識をベースに応用していくことになるので、その点では学生時代に学んだことは確実に役に立っています。

お客様に「こういう新しいやり方で作ってみました」と提案したことに対し、「使いやすくなった」というフィードバックのお言葉をいただけた時も、本当にうれしく感じますね。
その反面、不良品が発生した際に原因を突き止められず、有効な対策が打てない時などは責任の重さを感じます。

この会社を選んだ動機についてお聞かせいただけますか?

就職活動でいろいろな会社を研究していくうちに、大規模なプラント設備を動かす石油化学業界に興味が湧いてきて、深く業界を調べていくうちに昭和電工株式会社と出会いました。
そしていざ深堀りしてみると、石油化学もあれば自動車部品などもあって、アルミまで造っている。この会社に行けばいろいろなものが見られるし、幅広く仕事ができそうだなと感じ、興味を惹かれました。

ユニバ運営事務局

TEL:03-6222-7283 (平日10:00~18:00)
メールによるお問合せ:info@univa-y.jp