高度な技術力と少数精鋭主義でグローバルに展開する総合素材メーカー

企業インタビュー AGC旭硝子(旭硝子株式会社)

 

建築用板ガラス、自動車用ガラス、ディスプレイ用ガラス、電子部材、クロール・アルカリ、ウレタン、フッ素化学・スペシャリティ、セラミックスなどの製造・販売

 

企業インタビュー目次
1.AGC旭硝子(旭硝子株式会社)はこんな会社!
2.機電系出身先輩社員インタビュー

AGC旭硝子(旭硝子株式会社)!

事業内容説明写真 AGC旭硝子(旭硝子株式会社)

 

貴社の事業内容をお聞かせいただけますか?

AGCはトップクラスシェアの製品を数多くの有する総合素材メーカーです。例えば東京スカイツリー。実はガラスだけでなく、弊社のフッ素樹脂材料も使われています。100年を超える歴史で培われた「高度な技術力」、世界30ヵ国以上に展開する「国際性」、若いうちから活躍できる「少数精鋭主義」で勝負する、世界のリーディングカンパニーです。

貴社だからこそある制度があれば教えて下さい

AGCでは若手の有志団体があり、社内外の人材交流や社長との対談を企画するなど、若手が自由に様々な情報を発信し、いきいきと活動しています。
またキャリアについても自ら考え、自らキャリアを作っていくチャレンジキャリア制度等があります。福利厚生面では旅行などのリフレッシュに使える年間最大12万円のリフレッシュ休暇や手当の他、独身寮等の施設を備えています。
仕事と子育てを両立できる制度も整っており、産休・育休後の職場復帰率はほぼ100%です。

機電系学生が身近に感じる製品や開発のお話を教えて下さい

毎日飲む水道水、ファストフード店でのハンバーガーの包み紙の裏側、新幹線の窓やスマートフォンなどなど、実は皆さんの生活にAGC製品は潜んでいます。あまりにも当たり前のものですが、日々の生活にはなくてはならないもの、AGCはそんな快適な毎日を皆さんに提供しています。
これらの製品を生産するために欠かせないのがプラントエンジニアなど機電系出身の社員です。設備がなければ、我々は良い製品を生産することができません。
高度な設備と製品の知識を持つプラントエンジニアがAGCのものづくりを支えています。

貴社の社風を教えて下さい

AGCは少数精鋭主義をうたっています。これは「少数の社員で大きな仕事に取り組む中で、精鋭へと成長していくこと」とご理解ください。
そのため、若いうちからどんどん責任のある仕事にチャレンジできますし、特にプラントエンジニアは各工場設備の設計、保守・管理のみならず、海外工場の立ち上げなどにも携わっていきます。

機電系学生に親近感を持ってもらえるようなトピックがあれば教えて下さい

AGCが日本で初めて板ガラスの生産を始めてから2017年で110周年を迎えます。そして2018年7月、「旭硝子株式会社」から「AGC株式会社」として生まれ変わります。
AGCは、これまで培ってきたガラス・電子・化学・セラミクスの技術を融合・発展させ、皆さんの生活をさらに快適にする新たな製品を生み出し続けます。

機電系出身先輩社員インタビュー

先輩社員

 

  •      氏   名   : N.M
  • 所 属 部 署  : 生産技術センター(現:生産技術部)
  • 入社年度(西暦) : 2011年
  • 出身 学部 学科 : 工学部 電気電子工学科

学生時代の勉強が今の仕事にどのように役立っていますか?

私は、AGCに入社した2011年から現在まで、生産技術センターという部門に所属しています。生産技術センターとは、研究開発部門で生まれた新商品を、実際の製品として新しい市場に送り出すための生産プロセスを確立する重要な役割を担う部門です。この生産技術センターで、ガラスの加工プロセスを開発しています。
私は、学生時代に磁性薄膜の研究を行っていました。サンプルを作って評価するだけでなく、実験装置の立ち上げや改造なども自分で考えて進めてきました。学生時代に勉強した電気、物理、力学といった専門的な知識はもちろん役に立っていますが、一番は、考えるプロセスです。実際の業務は、計画→実験→課題抽出→計画→…となっており、学生時代の研究を通して身に付けた考え方が基礎となっています。このような考え方に加えて、コストや納期、特許といったビジネスの視点も意識しながら、開発業務に取り組んでいます。

この会社を選んだ動機についてお聞かせいただけますか?

学生時代から材料系の研究をしていたため、材料系のメーカーに興味を持っていました。数ある材料の中で、ガラスという材料に興味をもち、AGCを選びました。ガラスは身近にありながらも、素材から製法まで未知の部分が多く、魅力的な素材だと感じました。
またAGCは、一人一人が幅広い業務に関わる事が出来ると聞き、いろいろやってみたいという私の希望に合っていたため志望しました。

ユニバ運営事務局

TEL:03-6222-7283 (平日10:00~18:00)
メールによるお問合せ:info@univa-y.jp