日本初のプラスチック製造企業!研究開発力が強み

企業インタビュー 住友ベークライト株式会社

 

スマホ、自動車、電車、飛行機、建築、コンビニ、病院などのさまざまな分野で利用されるプラスチック製品の開発・製造・販売

 

企業インタビュー目次
1.住友ベークライト株式会社はこんな会社!
2.機電系出身先輩社員インタビュー

住友ベークライト株式会社はこんな会社!

事業内容説明写真

 

貴社の事業内容をお聞かせいただけますか?

当社は日本で初めてプラスチックを製造したメーカーです。現在では食品の鮮度保持フィルム「P-プラス®」や自動車の各種部品に使われる樹脂材料など世の中で広く利用されるプラスチック製品を展開しています。
「半導体封止材 スミコン®EME」は世界トップシェアを誇るなどグローバルに活躍しています。化学だけじゃない、機械・電気の力で一緒に進化し、世界を変えよう!

貴社の特徴を教えて下さい

当社は化学メーカーであるため、機電系出身の割合は少ないです。その為、若手でも様々な仕事に関わる機会が多く、任せられる仕事も多いです。
その分大変な事も多いのですが、自らが設計した設備が形になり、動き出した瞬間の感動は、機械屋・電気屋冥利に尽きるのではないかと思います。

貴社のお客様を教えて下さい

当社の海外売上高は58.2%(2015年3月期)。幅広い分野の製品を世界のお客様に届けています。

貴社の誇る技術を教えて下さい

1911年から100年もの時間をかけて培ってきたプラスチックの合成・加工の技術。これらを利用して、お客様の求める『機能』を持ったプラスチックを作り上げています。
また、近年では、世界初の「フェノール樹脂ケミカルリサイクル実証プラント」、「非食用植物資源を原材料としたバイオフェノール樹脂」を開発するなど最先端の研究も行っています。

貴社だからこそある仕組みを教えて下さい

高い研究開発力で数々の商品・技術を生み出している当社にとって、技術系社員一人ひとりの成長と貢献が大切です。技術系新入社員には、入社後2年間、様々な知識を取り入れる教育プログラムが用意されています。
また、人材育成の点から、139種類の教育プログラムを有したSBスクールという社内教育機関を用意しています。社員一人ひとりの成長を願う当社だからこその仕組みです。

機電系出身先輩社員インタビュー

先輩社員

 

  • 所 属 部 署  : 生産技術本部 コーポレートエンジニアリングセンター プラントエンジニアリング部
  • 入社年度(西暦) : 2011年4月
  • 出身 学部 学科 : 自然科学研究科 機械システム工学専攻

学生時代の勉強が今の仕事にどのように役立っていますか?

今の仕事に役立っている学生時代の勉強は、やはり4力学(材料力学、機械力学、流体力学、熱力学)です。機械系は、ほとんどの大学で講義があると思いますが、ものづくりの根源には、4力学が必須であり、世の中にある様々な製品は4力学に基づいて製造されています。
私自身は、水等の液体を送るポンプの圧力損失に関して、流体力学を用いて算出したり、架台や治具等の強度計算に関して、材料力学を用いて計算を実施しています。力学というと難しそうなイメージもあるかと思いますが、基本的な公式で対応可能な場合が多いです。みなさんもよく知っているニュートンの運動方程式ma=Fも仕事でよく使っています。

この会社を選んだ動機についてお聞かせいただけますか?

私は機械系出身ですが、化学にも興味があり、就活中に乗った新幹線でテロップを見た時に当社を知ったのがきっかけでした。
テロップで出ていた「プラスチックのパイオニア」という言葉が頭に残りました。調べてみると日本で初めてプラスチックを製造した会社であり、プラスチックという素材を用いて、様々な製品を生み出している所に大きな魅力を感じたことが動機のひとつです。

ユニバ運営事務局

TEL:03-6222-7283 (平日10:00~18:00)
メールによるお問合せ:info@univa-y.jp