腕時計の部品製造から完成までを一貫生産

企業インタビュー シチズン時計マニュファクチャリング株式会社

 

シチズンの腕時計部品製造からムーヴメント組立、完成品時計までを一貫生産

 

企業インタビュー目次
1.シチズン時計マニュファクチャリング株式会社はこんな会社!
2.機電系出身先輩社員インタビュー

シチズン時計マニュファクチャリング株式会社はこんな会社!

外観

 

貴社の事業内容をお聞かせいただけますか?

当社は2013年10月に国内製造主要5社とシチズン時計製造関連部門とを経営統合し、新たな一歩を踏み出しました。
「世界一優良なる時計製造工場の実現!」をスローガンとし、部品生産からムーブメント組立、完成品まで一貫生産しています。
世界と闘うグローバル企業を目指す当社の使命は、世界でシチズンの存在価値を高める為に製造力を強化すること、長年培ってきた多様な技術・技能・品質に更なる磨きをかけ貢献することです。

貴社の特徴を教えて下さい

”時を知るための道具”として、日常生活に欠かせない時計。
シチズン時計マニュファクチャリング株式会社では、国内で、ものづくりの大半が行われ、業界でもトップクラスの数量と少量多品種から超大量までの製品を生産し、生産設備も内部にて制作しています。

貴社だからこそある仕組みを教えて下さい

当社は、一人ひとりの能力・技能の向上と併せて、モチベーションを高める為に様々なことに取り組んでいます。

1.「社員全員が時計のプロになろう!」を合言葉に設立した「時計学校」では、資格取得支援や階層別研修、技能検定指導など、多角的なスキルアップ制度を用いて全社員のプロフェッショナル化を図ります。
2.生き生きと働くための社風づくりへの取り組みとして、社員を中心に「Shine361」活動を立ち上げ、社員同士のコミュニケーションや活性化などを促進しています。

機電系出身先輩社員インタビュー

先輩社員

 

  • 所 属 部 署  : MV第一部品製造部 埼玉エボーシュ製造技術課
  • 入社年度(西暦) : 2012年4月
  • 出身 学部 学科 : 工学部 機械工学科

学生時代の勉強が今の仕事にどのように役立っていますか?

私は入社以来、機械式時計の部品製造に生産技術者として携わっています。部品加工にはNC加工機を用いる工程があります。その場面では大学時代に学んだプログラム作成や解析知識はおおいに役に立っています。実習等で学んだNC加工機の基本的な構造知識、操作方法なども役立っています。
治工具設計にはCADを使います。CADの操作ができたことで仕事にスムーズに入ることができました。大学で学んだ4力や制御系・電気系の知識は設計において 欠かすことができません。
また、通常業務だけではなく、各地の工場との交流会などのパイプ役などの業務も行い、視野を広げています。ここではサークル活動で培った、行動力が生かされています。

この会社を選んだ動機についてお聞かせいただけますか?

『モノづくり』に携われる仕事に就きたいと考えていました。時計部品製造は細かく精密なレベルの高い『モノづくり』と考え、部品から完成時計まで自社一貫製造する当社で働いてみたいと思い志望しました。
会社説明会に来た時、働いている方々の雰囲気が良かったのも決め手でした。

ユニバ運営事務局

TEL:03-6222-7283 (平日10:00~18:00)
メールによるお問合せ:info@univa-y.jp