ヤマハ発動機株式会社

基本情報

コーポレートサイトの企業情報を参照し作成しております。
企業名
ヤマハ発動機株式会社
本社所在地
〒438-8501 静岡県磐田市新貝2500
主な事業所
静岡県
設立年月日
1955年7月1日
代表者名
代表取締役社長 柳 弘之
従業員数
53,306 名 (連結、(10,440名、単独)2015年12月末現在)
売上高
1兆6,312億円(連結、(6,590億円、単独)2015年12月期)
資本金
857億9700万円(2016年9月末現在)
市場名
東証一部
業界
自動車・輸送用機器
事業内容
モーターサイクル事業、コミュータービークル事業、レクリエーショナルビークル事業 舟艇事業、マリンエンジン事業、ウォータービークル事業 パス事業 AM事業、UMS事業、ゴルフカー事業 パワープロダクツ事業、プール事業、インテリジェント・マシナリー事業、車いす事業、部品事業、海外市場開拓事業 各種開発製造販売
企業理念
企業目的 感動創造企業

経営理念
顧客の期待を超える価値の創造 私たちは、感動を生む価値を創造するために、変化する顧客の夢を追求しなければならない。

顧客の期待を超える、安全で質の高い商品とサービスの提供を目指し、適正な利益を得る工夫をしなければならない。

仕事をする自分に誇りがもてる企業風土の実現 私たちは、個人の自主性から活力を生み出す風土をつくらなければならない。

創造性豊かな人材の育成と能力開発を重視し、公正な評価と処遇が行われる組織を実現しなければならない。

社会的責任のグローバルな遂行 私たちは、世界的な視野と基準で行動しなければならない。

地球環境や社会との調和に努め、公正で誠実な事業活動を通じて、社会的責任を果たす企業でなければならない。

行動指針

スピード  あらゆる変化に素早く対応
挑戦  失敗を恐れず、もう一段高い目標に取り組む
やり抜く  粘り強く取り組み、成果を出し、振り返る
ユニバおすすめポイント
小型エンジンの開発から事業を拡大し、多くの事業が展開しています。設計から実験、開発、製造技術と段階を経て新しいバイク、船舶等が製造販売されていきます。

エネルギーの枯渇、環境問題など時代のニーズにあう、描いた未来を追求しながら、失敗、挫折、長い過程を経て出来上がる製品は学生時代の研究以上の達成感や喜びを得られるのではないでしょうか。

小さな課題を見つけ、それを次へつなげていくことは、すべてのエンジニアの技術が集結した製品が出来上がります。女性エンジニアも活躍しています。

TOP