プリンターや複合機で培った高い技術で新事業を展開

企業インタビュー ブラザー工業株式会社

『 世界にもっと、ブラボー!を。モノ創りを通して新たな価値を生み出そう。』

複合機・プリンター、スキャナー、電子文具、家庭用・工業用ミシン、工作機械、業務用通信カラオケシステム等の企画、開発、製造

企業インタビュー目次
1.ブラザー工業株式会社はこんな会社!
2.機電系出身先輩社員インタビュー

ブラザー工業株式会社はこんな会社!

事業内容説明写真

貴社の事業内容をお聞かせいただけますか?

ブラザーは一世紀以上にわたり、時代の変化を捉え独自の製品やサービスを提供してきました。今日では、プリンターや複合機を中心に、海外売上が80%を占めるグローバル企業へと成長しました。
これまでの歴史を通じて私たちが大切にしてきたのは、失敗や変化を恐れず常に新しいことにチャレンジする精神です。現在も既存ビジネスを高付加価値化するとともに、新規事業の育成・確立にも力を入れています。

貴社の特徴を教えて下さい

全国で利用されている「JOYSOUND」。実は、ブラザーが世界で初めて開発に成功した通信カラオケです。
現在も、新製品の開発を担っています。ミシンから創業し、工作機械、カラオケ、プリンター等様々な製品を開発してきたブラザーは、これからもお客様へ新たな価値をお届けするために挑戦を続けます。

貴社の強みを教えて下さい

失敗や変化を恐れず挑戦する風土がブラザーの強みです。若手社員にこそ責任のある仕事が任され、大きな仕事にチャレンジしています!

貴社の中期経営目標を教えて下さい

「CSB2015」という成長戦略を掲げ、各事業において維持・拡大を図ると共に、新規事業の育成・拡大の加速にも力を入れています。

貴社だからこそある仕組みは教えて下さい

ブラザーでは役職者にも肩書はつけずに「~さん」と呼びます。社長もあだ名で「テリーさん」と呼ばれており、フラットな社風が魅力の一つです。

機電系出身先輩社員インタビュー

商品説明写真

  • 所 属 部 署  : メカシステム第1開発部
  • 入社年度(西暦) : 2013年4月
  • 出身 学部 学科 : 工学研究科 計算理工学専攻

学生時代の勉強が今の仕事にどのように役立っていますか?

大学では、金属やゲル材料の構造解析(シミュレーション)の研究をしていました。現在はインクジェットプリンターのインク吐出ヘッド駆動部のメカ設計と、インク着弾位置補正制御の開発を行っています。 制御開発はソフトウェアのチームと協力して行うことが多く、学生時代にプログラミングを経験していたことが役立っていると感じます。例えば、制御の仕様を作成する際にはメカ設計の意図が正しくソフトに反映される様に、ソフト開発者が理解しやすい表現や式展開を心掛けています。またソフトチームの席に頻繁に出向いて制御内容や実装方法について直接相談することで、誤解のないスムーズな開発ができていると実感しています。

この会社を選んだ動機についてお聞かせいただけますか?

私の夢は世の中にない新しいものを創ることです。そのため、常に新規事業にチャレンジしているブラザーは魅力的でした。更に、業務内容が開発から評価まで幅広く、エンジニアとして成長できると感じました。現在の業務を通じて一人前のエンジニアとなり、将来は新規事業に携わりたいと思っています。

ユニバ運営事務局

TEL:03-6222-7283 (平日10:00~18:00)
メールによるお問合せ:info@univa-y.jp